FC2カウンター ロンドンの梅干 おとぎ話 by ナス

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-09

おとぎ話 by ナス

ナスによる創作。



むかーしむかしある所に梅干という女の子がいました。

梅干は生まれてすぐに親から捨てられ

森の中で育ちました。

周りに生えたしいたけに育てられ

すくすくと育った梅干。

が、穏やかなしいたけの群れの中で

一番凶暴なしいたけと仲良くなった梅干。

育ててもらった恩を忘れ

しいたけの群れを全て食べてしまいました。


その後、なぜ梅干がロンドンにたどり着いたのか?


それは誰も知らないのでした…。


お・し・ま・い


翻訳 by 梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

なんだよ、それ。しいたけってナスの梅★に対するイメージか?

でもなんとなくしっくりくるから、さすがだね。特にお世話になったシイタケを食べちゃうってのも分かる、その後罪悪感が押し寄せるものの、りっぱに立ち直るのです。

まちがえた、梅★は女の子でシイタケじゃないのね・・・。

そうよ、梅干=しいたけではありません。育ての親がしいたけなのです。こういった意味不明のファンタジー物語が彼の中にいくつかあって時々公開してくれます。
道に捨てられていた巨大手ディーベア・シリルくんの話もその一つ。
シリルはアイルランド系の名前だった気がして、そこん突っ込んだら「とにかくシリルはカムデン辺りで名の知れたギャングスターなんだ!」だって。孤児院出のシリルくんは札付きのワル。カムデンでの縄張り争いで惨敗後、新天地を目指し、現在うちの近所に徘徊しているそうです。でも翌日、シリルが捨てられてた(いた?)道を通ったら、もう居なかった…。

ナス 「この土地はアイツには合わなかったんだな…。」

さすがボリウッド映画の国の血を引くだけあって全てにドラマを感じるナスなのでした。

ナス、かわいんだか頭変なのかよくわかんねーぞ。

後者説若干強し。でもわたしも結構勝手にミニ話つくって旦那に聞かせることあるかもー、かなり幼稚でつじつまが合わない話なんだけどさ。

ナス話がでる度にアップしてね。

よっちゃんへ

じゃ今後、その手のおとき話が出たら公開します。
ところでどんな物語作るの?
会社での出来事(non fiction)を旦那にするとfictionに聞こえるとか?ミクシィあるいはここで公表せよ!

椎茸ってところが日本ですね。VALUEのマッシュルームじゃないんだよね。私も椎茸かエノキ、舞茸だったら腹減ったら食っちゃうと思う。普通のマッシュルームだったら別にいいや。

しきーにゃさんへ

原本は『マッシュルーム』ですが主人公の生まれた場所(日本)を考慮し、『しいたけ』と訳させていただきました。

翻訳編集部より
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。