FC2カウンター ロンドンの梅干 シャリガム

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-06

シャリガム

シャリガム。

パンジャビ語である野菜をさす言葉。

もっとヒントを出そう。

『カレーの具』


分かるわけないか。

だって彼らは何でもカレーにしちゃうから!

ちなみに日本人の私はカレーにすることを知って驚いた。

で、このシャリガムの薄切を中華ドレシングに和えて
夕食に出すと

美味しい、といって完食したものの

「親に報告しなきゃ。シャリガム、ナマで食っちゃったよ…」

という始末。


さて何だと思う? シャリガム?




梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

何だろうねぇ、その野菜?アボカド??
ちなみに前回の日記にレスすればいいのだけど、私も4ヶ月まで母乳オンリーで頑張ったよ。理由は、
1. 母と子の絆っていうか、後にも先にも母乳を上げれる経験は限られているから。
2. 栄養面でも優れている。
3. なんといっても楽!(哺乳類を消毒する手間いらないし、夜中の授乳は半寝ぼけで乳を出せばよし!)
4. 経済的にもタダ
5. 母親の産後の体重が戻りやすい。
ってな感じです。皆さんのレス、なかなか興味深くて楽しかったで-す。

たこやきさん

まずはシャリガムついて。答えはX。残念でした。

母乳に関して、実は熱く談義を交わしていた全員に子供がいないので実際主さんをした人の意見がほしかったのです!ありがとう。
で、母乳論。私達の世代の日本人の殆どが、1.と2.を教育の一つとして理解していると思うのですが、英国はそうじゃないらしい。じゃ、いつから母乳をあげなくなったか。時代はさかのぼって15世紀。上流社会の英国女性の間でなんと、美乳を自慢するために胸をプッシュアプしてそれを露出する服を着ていたそうです。それが労働者階級の間でも流行り、見せるための美乳維持法として母乳の授乳を産後一週間でやめる女性が増えた、という資料を発見しました。となると労働者階級の女性は中世からの習慣に従ってるのか?!となるがそうではない。
戦後の人口増加を図るためにアメリカで粉ミルクが発明されたのは1954年。70年代に入ると世界中のメーカーがこぞって開発、販売をしたけれど衛生・製造基準などがなかった当時、第三国をはじめ、乳児が死亡することがおおかったそうな。そこで粉ミルク、哺乳瓶、その他授乳グッズに世界基準ができ、現在に到るですが、70年代まであった「度母乳より栄養バランスの取れた粉ミルクをあげましょう」という傾向から、社会は粉ミルクに対して慎重になり、また母乳の見直しがされるようになった、と私は理解しています。
この2点だけでいうと美乳目的のゆえ授乳をしない人というのは、70~80年代にあった『粉ミルク論争』を全く無視し、さらに15世紀の習慣を続けている、ということになりますね。
余談ですが、地域的に見ると母乳を上げない率として北アイルランドが一番高いそうです。1週間目に母乳をやめた率(16歳で就学終了した女性対象)がなんと54%。ほぼ二人に一人が一週間しか乳をやらない…。でないなら仕方がないけどね…。よくわかりませんわ、英国人。

母乳がなかなか出ない人もいるし、乳腺感染とかであげれない人もいるからね、、。
母乳が出て乳首が慣れるまで一週間ぐらいかかるの。その最初の一週間は辛い!吸われる度に身がよじれ、涙がでるぐらい痛い思いするのです。母も子も必死なんだよね。どれくらい痛いかというと、なかなか口では言い表せませんが、友達は乳首から血が出ていたそうな、、。きっとその最初の一週間でGive Upする人も多いはず。

たこやきさんへ

そうか、1週間っていうのはそういう目安だったのね。美乳維持限界が一週間かと思ってたよ!あまりの痛さに1週間であきらめる、というのも非常に切ないですね。変な話、母によると家系的にあまり出ないらしいから、私も粉ミルク派になる可能性大。それなのに美乳じゃなくってすみません…。(誰に謝る?! ナスに?)

母乳を上げていると赤ちゃんは6ヶ月まで感染症にかからないんだって。かの松田道雄大先生(だれだ!?)がいってたよ。ちなみにイモ君に母乳だった?ってきいたけど覚えてないって。お母さんに聞いてよっていったらそんなこと聞けない!っだって。

野菜は、、、マッシュルーム?

モモさんへ

マッシュルームですか…。 
ブー! 違います。

イモ君がいまさら実家に電話して聞くのは恥ずかしいでしょう。
あと私の場合、ナス母にそんなこと聞いたときにゃ「子供できたの?!」といわれかねないからね。気をつけねば。

大根?
単に大根サラダ中華ドレッシング食いたいだけなんだが。
大根カレーもいけなくもなさそう?!にんじんみたいなもんやし。

シャリガム

ん~。シャリシャリなガム?ってことでココナッツみたいな感じ?
見た感じだけですけど。笑
あ、でもココナッツって野菜じゃないのかな?
でもでも、ココナツカレーってありますよねー???
中華サラダには合うかな~微妙。
って、違いますよね。笑

Jet Airさんへ

大根! いい線いってるね!中華ドレッシングと書いた私が悪かったね。普通は漬物にするんだよ、シャリガム。

rix さん

ココナッツとはまたいい発想ですね。
オランダ人の友達がインゲンのココナッツ和えを作ってくれたのを思い出しました。美味しいんですよ。家でも是非作りたい、と思ったのですがココナッツを一袋かって、インゲン用にちょこっと使った後、残りはどうする?という貧乏人的思考が邪魔して買えないままです…。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。