FC2カウンター ロンドンの梅干 初体験! Hen Night! ~その6~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-04

初体験! Hen Night! ~その6~




大ゴケしてかなり恥をかいたものの、皆、酒入ってるし、まいっか!
と開き直る私。


それはかつて、ズボンのチャックが開いていたら悲鳴を上げて恥ずかしがっただろうに
最近では人から指摘されても「ありがと」で済ましてしまう図太さによく似ている。

実際、数日前に友人から指摘され、それに動じなかった自分に一番動じた私なのであった。


Mamtaがプレゼントを開け終わると、今度は我々の番。
なんと幹事のJadeが参加者用に小さなギフトを用意していてくれたのだ。

ラッピングされて大きな袋の中に入ったそれらを1人が一つずつ取りだす。
するとブレスレッドやキーホールダー、小さい香水やらが出てきて
約20人が嬉々とする。

自分が当てたものを同じテーブルの人達と見せ合ったり、交換したり。

そんなことをしてると、料理が出てきて、来た時には他人だった隣と
一口味見しあったりして和気藹々。

楽しい会ではあったが、レストラン側にしてみれば大迷惑だったはず。

なにせ予約が7時半にもかかわらず、人がぽつぽつとやってきて全員が揃ったのはなんと9時。

そこからメニューを決めるのにさらに時間がかかり、結局注文をした時には
すでに時計は10時を回っていた。

そんな我々を辛抱強く待ってくれ、ちょっと騒ぎすぎるとお茶目に注意し、
時には私達の輪に入る気の効くウェイトレスがいた。

花嫁Mamtaがそんな彼女にお礼に、とあまった参加者用ギフトをあげて

一同が 「ウェイトレスさんありがとう~!」 と言った数分後。

トイレから帰ってきたJadeがウェイトレスの腕を見て

Jade 「(中学校時代の友達に向かい)ちょっと! あのウェイトレスがしてる
ブレスレッド、あれ私が買って来たやつじゃない? なんで彼女がしてるの?」

友達 「あ~、あんたがが席外してる間、Mamtaが上げたのよ。
あの子、気が効くし、よくやってくれてるし。」

Jade, それでもかなりご不満らしく席を立ってMamtaのほうへ近寄る。


Jade 「ちょっと。あれなんであげちゃったのよ?」

Mamta 「よくやってくれる彼女に労をねぎらったのよ。」

Jade 「How could you do that? It was my favourite I could have had it!」
(えぇっ! あれ気に入ってたんだから!あげるくらいなら私が欲しかったよ!)

Mamta 「でも、うちら騒ぐだけ騒いで、食事もロクに注文してないのに
嫌な顔一つもせず、よく働いてくれるから、それくらのお礼があってもいいと思って・・・
Jadeがあのブレスレッド欲しかったの知らなかったし・・・・ごめんね。」

Jade 「She's a bloody waitress! It's her job for goodness sake! 」
(ウェイトレスなんだからそれくらいのサービス当然でしょうが!)


Mamtaとその会話を聞いていた数人、 し~~~~~~~~~ん


気のすまないJadeはその後もブツブツと文句をいうので空気は急にどんより。
Mamtaとの会話に気が付かなかった人達も、聞いていた人から内容を聞かされ
ますます空気が重くなる我々一団。

そんな時、空気を替えようとMamtaが元女優仲間と当時の舞台で歌った
自作の歌をご披露。

それにあわせて我々も手拍子したり、掛け声をかけたりなどして、なんとか一難を逃れた。 

・・・・・・と少なくともそのときは皆そう思った。




*****続く*****


梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

すごい(=_=)

梅干さん、面白すぎます。続きが早く読みたいですよ!!!
先日の質問の『グジュラティの女性はサリーを着ているって本当?』回答ですが、『はい。ママは毎日サリーとアクセサリーのトータルコーディネートで、仕事にお出かけになります。』D姉は若いのでサリーはオケージョナリーですけどね。でもママ曰く、他のグジュラティのおばさんたちも最近は動きやすいパンジャビスーツだったりジーンズを着るらしいのですよ。ママはサリー以外の服は着ません。かたくなに「サリー一筋」です。
梅干さんはサリーやパンジャピスーツはどこで買っていらっしゃいます?私はサリーのブラウスを寸法して作ってくれるところを探しているんですが知らなくて。ママはまだ私がサリーを交の場で着るのを許してくれないんですよ。(サリーは既婚者の着るものらしいのです。本当かいな?)だから教えてもらえなかったり、または『ロンドンで作ると高いから私は友達がインドに行くときに頼むの』と堂々というのですよ。苦笑。(まさか私にインドに帰る友達が居るわけでもなく、また頼むのも気が引けちゃいますよ。)どこか知ってたら教えてください。
また楽しい続き期待してます♪

すぅさんへ

ご来訪ありがとうございます~。
やっぱりグジャラティ女性はサリーなんですね。
パンジャビ一家は正装としてしか着ないので結婚式で
若い嫁さんたちが着てきたときは感動ものでした。
それに反し、おばさん一味は皆パンジャビスーツでしたが。
(どうやらコンフォート重視な模様)
さてさて、サリーのブラウスを作ってくれるお店ですが
Southallにごまんとありますよ!
なんでしたら一緒に行きますか?・・・といいつつ実はスーツやサリーは
買った事がないんです。いつもナス一族がくれるんで。
ナスの従姉妹(新郎の姉)が寸法を図って作ってもらったといってましたから
なんでしたら連絡先を聞いて後日ご連絡しますよ~。
Dさんのママ、なかなか手ごわいですね~。
しかし手ごわい相手だからこそ、心を開いてもらった時ひときわ
嬉しいじゃないかと思います。あとはそういうママをDさんがどう
フォローしてくれるかで決まりますよね。

最後に、すぅさん。すぅさんのブログをリンクさせていただいてよろしいですか。
今現在、リンクが見えなくなってしまってるのですが、許可いただけましたら
テンプレート替えて見えるようにしたいと思います。

ではでは~。

うふふ。即答です。

是非是非、サリーの件、お知らせください。(何なら後でメールアドお送りします。笑)

私のブログでよかったらリンクしてください。梅干さんの方はいかがですか?私のブログのお気に入りにリンクさせてもよろしいですか? 

いやぁ、梅干さんのたくましさ、私、見習いますわ。

すぅさんへ

わ~いわ~い!
今度、オフ会(2人っきり?)しましょっ!
いきなりSouthall、ブラウスつくりでも良いですし。
でもSouthallまでどうやって行くんですか?
お住まいの東ロンドンからじゃ大変じゃないですか?
Willesden付近のNeasden(ヨーロッパ最大のヒンズー寺あり)辺りなら
ありそうなのにな~。 

あ、メルアド、コメントにある『秘密』をクリックすると私のみが
見れるようになりますのでどうぞ宜しく。

リンクの許可ありがとうございます。私のも勝手にもってっちゃって下さい。
あまりにもお下劣なため、18歳未満はお断りです。

ちょっと~!この結婚式、まだ続きがあるの!?
面白すぎるっ!!
早くう~続き、続き!

ほりへ

結婚式じゃないよ~。 結婚前の女性オンリーパーティーだよ~。
次の7話で完了です。 お楽しみに!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。