FC2カウンター ロンドンの梅干 感謝すべき存在 ~梅干兄~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-13

感謝すべき存在 ~梅干兄~



先日書いたような滞在中の母の耳を疑うような言動、目の余る行動を
実家の長兄に愚痴ったところ、下記のような返事が返ってきた。




母がこのような態度をとるのはやっぱ老化、もっと言ってしまえば
やはり脳みそが緩んできたってことでしょう。 

その場合考え方は2つあります。
ひとつは老化により、自分で自分を束縛するタガが緩み
精神が子供に逆戻りしてし まったという捉え方。
子供の考えってつまり甘えですよね? 
で、やっぱり貴方は頼りにされてるから、つい母も度を超えた
振る舞いになったのだと思います。

そんな頼るべきはずのあなたが、母親から見て少々だらしなく
映り (無論母親アイによる主観的評価)
それが必要以上に母を口うるさくさせた一因かも?

もうひとつは束縛が解けて、自分本来の性格が表面に出てきたということ。
母の場合、後者の要因も多分にあります。 

で、その本来の性格って、多分本人にもどうなるものでもなくて
遺伝の要素が強い と思います。
つまり今の母親の姿は3,40年後の我々の姿でもあと、、、、、
恐ろしい、、、


去年、あなたが来た時、もうすでに2児の父となった○○
(母の友人の孫。家庭の事情で母がよくベビーシッターをした)
の子供の頃のイタズラに対し オレ、あなた、母の3人で、どう叱るべきだったか
何か少々熱くなりながら言い合いしたの憶えてますか?

あれだけ夢中に議論したのは、教育論とか次世代への
文明の継承とかを真剣に考えて るワケじゃなく 単にそのテの話になると
頭ん中に血液を送り込む蛇口が全開になるようにオレたち
の体が、そういうふうにできているってだけだろうから。


諭されると思っていたのに母の行動分析、さらにそれが我々の
未来像であると指摘されるとは!!!!

言いたいことぶちまけてすっきりしたのと同時に
あの母の姿が未来の自分かと思う恐怖感に悩まされるのであった・・・。

それにしても兄。
2年に一度しか母の面倒を見ない妹の愚痴を聞いてくれてありがとう。

でもって両親の老後の面倒、よろしくっ!


梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ちょっとご無沙汰
母上が来てたんですね
お疲れさまでした
うちも子供のころの頼もしかった母の姿はないですね
親の老化が悲しくなっちゃう
でも梅干さんと旅行が出来ていい思いでになったのでは
兄上様もいい人ね~
うちの兄妹もそんな感じにならないかな~

パンタさんへ

ホントお疲れ様でしたよー。母の相手。
うちの両親の場合、父は肉体的な老いが襲っていますが
ぼけたところはなく逆に母は元気なのですがわがままがひどくなってきました。。。

兄が2人居まして長兄とはよくメールをし、日本に帰ると必ず2回は一緒に
買い物に出かけるのですが次兄とはメールも電話もしません。というか
メルアドも電話番号も知らないほど疎遠です・・・・・。 
兄弟が3人居るとチョイスがあって面白いです。パンタさんももう一人いかが?

え~3人目はいいわ~
私の周りは3人兄弟が多いですよ
こんな少子化なのにねー

バンタさんへ

「いいわ~」といいながら皆、つくられてるんでは?3人目。
私もそうだったらしいです。(母談)
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。