FC2カウンター ロンドンの梅干 1ヶ月ぶりの対面

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-17

1ヶ月ぶりの対面

なんと同僚と1ヶ月ぶりに会った。

それというのも私が先月16日から休暇に入り
入れ替わるかたちで彼が休暇に入ったからだ。

決して気が合うわけでない、この同僚。
が、1ヶ月ぶりに会ってわかったのだ。

だてに1年半の歳月、デスクを並べてる
わけじゃないということが。



休暇から帰ってきた同僚Nは水曜から大陸に出張。
が最終日の予定が押していて、ユーロスターの
最終列車に乗れない。

が、出張に同行する日本人と気が合わないらしく
どうしてもその日じゅうに同日本人とさよならしたいN。
血眼になってありとあらゆる交通手段をインターネット
で検索していた。

そしてレンタカーで帰ることを思いついたN。
フランスと英国の港をつなぐフェリーのウェブを
読みながらプッと笑っているではないか。



N 「動物のフェリー代金っていう欄があるんだけどさ。
犬1匹10ポンド。猫一匹5ポンドまではわかるんだけど
このフェレット一匹5ポンドって何だよ!?」


今ペットとして飼うのが流行ってるからじゃないか、
というと


N 「フェレットなんかケ○の穴に突っ込んどきゃいいんだよ。
5ポンドなんか払う必要ねーよ。」


???はぁ??? という顔をすると


N 「あれ? 梅干、知らないの? 昔リチャードギアが
突っ込んだハムスターが出てこなくなって大騒ぎに
なったニュース?」


知らんわ、そんなこと…。


梅 「でもそれはありえないよ!
だって彼はBuddhistだよ! 殺生はいけないんだよ!!!」
(↑なぜかムキ)

N 「いや、そういう規律を破りたくなるほど
気持いいらしいぜ、ハムスター系。」


と言ってニヤッと笑い、どこから探してきたのか
関連ニュースのリンクを送ってきた。

↓     ↓     ↓     ↓
http://www.snopes.com/risque/homosex/gerbil.asp


その後、ハムスターは暗くて狭いところが好きだから
穴に近づけたら自ら入って行くものなのかも、とか

いややっぱり押し込まなきゃ入らないだろう、という
議論が熱く交わされた。



彼が不在だった2週間の間、別に寂しいとも思わなかった。
決して気が合うわけでないし、仕事上険悪なムードに
なることも度々ある。


が、このとき私の中に芽生えた小さな感動を感じずには
いられなかった。



なんだかんだ言って・・・
私のネタの好みを把握してくれてるじゃん・・・。


ありがとう・・・N!



梅干







スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。