FC2カウンター ロンドンの梅干 ナス一家の抱える問題 ~その3~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-23

ナス一家の抱える問題 ~その3~



ナス妹の誕生日当日。

玄関のベルが鳴り、ドアを開けると
ナス姉・ナス姪・ナス妹が現れた。

当然、今回皆を敵に回したナス弟の姿はない。


ナス 「弟・・・・・・どうしてんだ?」

ナス姉妹 「知らない。口訊いてないし、朝から外出してるし。」

そりゃそうだ。
何もなかったフリして一緒に来てたら逆にビックリだ。



さて、誕生日の主役・妹が到着したところで
ナス梅一家の冷蔵庫に何も入っていない事を伝える。

~『自立促進プログラム』~その① 
本人にイニシアティブを取らせる。

今までは誕生日に色々としてあげたが今回からは主役に企画させる。
さらに前日の夜10時に遊びに行きたいといわれて
こちがら万端に準備ができるわけではない事も伝えたかった。

皆で食材を買ってきて料理してもいいし
レストランに行ってもいいし
はたまた料理をテイクアウェイ(テイクアウト)をしてもいいだろう。

すると妹はカレーのテイクアウェイをチョイス。

数店のテイクアウェー・メニューを見ながら
こっちの店のこれが食べたいだの、ラムを2種類頼むなら
そのうちの一つを野菜のカレーに換えようだの
楽しい協議の最中、ナス妹の携帯が鳴った。

電話の主はナス弟。

皆一瞬にして し~~~~~~~~~~~ん。

電話の内容は、鍵を持たずに外出した弟が家に帰って
来たけれど両親が留守しているので家の中に入れないという。

それに対して妹の返事は、ナス梅宅に来ているので
協力できないというものだった。

ガチャンと一方的に切った弟。

少々気分を害されたが、また皆でワイワイと料理を選び始める。

すると数分後また弟から電話が入る。

まだ家に入れないままだという弟。
さっきと同じく、なんの手助けもできないという妹。

また一方的に切られる。

そこでナスが一言。

ナス 「今度電話がかかってきたら、裏にある従兄弟の家に
入れてもらって両親が帰ってくるのを待つように言っとけ。」

妹がそれを伝える為にわざわざ弟に電話をしかけたそのとき!!!!!


「その電話、まったーーーーーーーーーーーー!!!!」


声の出所はなんと
          ・・・・・・・・・・・この私。

この時、額の隅っこのなにかがプチッ切れる音がした。

梅干 「弟だって子供じゃないんだから皆が意見をする必要ないよ。
携帯だって持ってるんだし、従兄弟が裏に住んでるの知ってるんだし
行きつけのパブはすぐそこなのに、なんでそこで構うの?
弟は解決策を求めて電話してるんじゃなくて皆に構ってほしくて
掛けてきてるがわかんない?
昨日の件でここにいる皆が弟に嫌悪感を抱いてるのに
どうして弟の要求を満たすような事(構ってあげる)をするのか
私にはさっぱりわからないよ!」

一度切れたら止まらない。

梅干 「さらにいわせてもらうけどさ、おたくら、お互いの
businessに介入しすぎ!
よそ者の私は観てるだけで息苦しいんだよね、そのべったり度に。
それぞれ問題を抱え込んでいるのはどの家庭も一緒だけど
あんたら家庭に持ちこみすぎ!
各自で解決しようという意志ないの?
1人の人間の問題なのに多くの人を巻き込むから
皆が納得する結果が得られず不満が募るんだよ。

それでもって自分の都合が悪くなると相手の問題を武器に
して分をよくしようとする。
そしてそのやりあいが延々と続く。

こういう悪循環、どこかで変えないと一生このままだよ。
そろろそ頼りあうのやめて自立しなきゃと思わない?

特に弟をこのままにしていいわけ? 
よくないよね?

それだったら放っておこうよ。
で弟に自分で問題解決させようよ。」


・・・・・という内容をぶちまけた。

~『自立促進プログラム』~その② 

ルール違反(ナスの助言)は厳しく取り締まる
(ただ切れただけ説、濃し)

今回は弟が原因だったので弟を対象にしたが
言った内容が各自に当てはまること、果たして姉妹は
気が付いてくれたか?


それは疑問である。


これで終わると思ったら甘い。


~つづく~

梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いや~久しぶりにのぞいてみたら、芥川賞ものの小説みたいですなっ!

インド人一家だからなのか、ナスさんの家族だけなのか(そう願いたい…)、みんなキャラ濃すぎ!!

でもうちのインド人の彼にも毎日、叔父や叔母や両親から電話かかってきてるし…
インド人の親戚、家族のつながりにはホントにびっくり。

とにかく続き楽しみにしてます♪

ともさんへ


ども~。mixi読み逃げしててメンゴ。BBQ、楽しそう&美味そうだったな~。
近かったら呼ばれてなくても紙皿と酒もって駆けつけてたよ。
インドの家族繋がりは本当に強いよね。それをうっとおしい扱いする私。
影でチニクッティー(oriental bxxch)呼ばわりされても文句は言えない。

毎日電話するのが当たり前になってるだけに、電話がないと心配するんだろうね。

彼らの濃いキャラには相変わらず驚かされるけど、ブログのネタとして尽きないので
ある意味感謝です。
帰国前にオフ会in Londonでもできるといいね~

えらい!!

そこまでいえる梅干さんが凄い!!
でも家族の繋がりが強いお国柄みたいだから
自立支援は難しそうだね~^^;
このままの勢いじゃ、弟くんが乗り込んで来そうやもんw
弟くんも淋しがりやさんなのかもしれないね~^^

しーちゃんへ

単に堪忍袋の緒が切れただけなので、お褒めに預かるようなことなのかどうか…。 
家族繋がりが強く、頼りあって助け合うのが彼らの文化なので「自立」の範疇も違うんですね。
弟も淋しがりや?っていっちゃそうですね。いつも親族兄弟で固まっているので、そこから外されるのは耐えられないようですよ。(だっせーーー!)
弟もなんだかんだいって11歳年下ですから、実は可愛い存在なんです。
ただそろそろ成長してもらわないと今後が心配なのです・・・。それについては第4話か5話くらいに書きますね。

その1から

一気に読んだ! 

ナス家、さすが(?)アジア系。 ありがちですね。 こういうの。 私も今日お母様が中国系のイギリス人の友達の慰めディナーです。 すべてにコントロールしてくるから、今じゃ二児の母である友達に介入しまくってモメモメモード。 そして、彼女の離婚 の原因に…(汗) 

梅干さん、ガツンといって、かっこいいよ~。 でもでも、これの続きがきになるぅ~。

meloさんへ

中国も含む東洋・アジア系の家族の絆の繋がりは強いですねー。
それが主な原因となって離婚というのも、聞いた事があります。
っていうか嫁を選ぶのも親ですし離婚の承諾をするのも親ですからね。
(アジアの場合)
お友達、お母さんからの呪縛からいつか逃れられるといいですね。
美味しいディナーと共に元気になるといいですね、お友達。

ガツンと言ったのは単に堪忍袋の緒が切れたからです。
誰のためでもなく、結局は自分をすっきりさせるためだったのが
一番の理由だったのかも、と振り返ってみたりします。

私も一から読みましたードラマ?脚本書いてみませんか(笑)
お国柄なのか複雑な我が家になりつつ拒否しつつ
義姉&義妹さんがわかってくれるといいですね
しっかし濃い一族やね(笑)
がんばれ!梅ちゃん!!

パンタさんへ

濃いですよー。さらに粘着力も強い!5年間黙っていましたが
ついに切れ、事を面倒にしたんじゃないかと思っていましたが
皆、先週の事なんか全く忘れた様子で普通に過ごしています。
ナスもほぼ毎日実家に顔出してるし大まじめに取り組んだ私が馬鹿?
みたいな。
肩透かし大いに食らってます。またしてもやられた!という感じです。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。