FC2カウンター ロンドンの梅干 あの~まだ糸残ってるんですけど*医者行ってきました*

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-18

あの~まだ糸残ってるんですけど*医者行ってきました*




まさか、こんな展開になるとは・・・・・。



糸のある部分はミミズ腫れしているし
触ればピンと張った糸を感じることができる。

糸部分の皮が引っ張られると痛いので
うつ伏せで本を読む事が今では懐かしいくらい。

なのに なのに なのに なのに なのに なのに なのに






医者「放って置くに限るわね。」


えっ? 
痛いんだよ。

糸が残ってるんだよ。

ミミズ腫れしてるんだよ。

なぜ放置?

梅干 「本来体にないものが残ってるんですよ?
それを放置するってどういうことですか?」

医者 「あなた、腫れてるっていうけど違うわよ。傷跡よ。
これはそのうち白くなって見えにくくなるから。
それに体に残って害になるものじゃないしわざわざ取る必要ないわよ。」


なんでそうなる???? 糸のある部分が出っ張ってるんだって!

それでもって痛いんだって!


医者「取るとなると、おなかをもう一回切って取り出すことになるでしょ。
そうなると産婦人科とは関係がなくなり、美容手術扱いになるから。
担当は整形外科になるわよ。」


    美容手術 → 有料 ?



こんなに腹にくっきりと糸の感触が残っているから
なにかしらの対処をしてもらえると思い込んでいたので
放置しろという医者のアドバイスに絶句。


それもこの医者。

「これ、糸じゃなくて、あなたの陰毛よ。」

といって私の貴重な毛一本をブツンを抜くじゃないかっ!
こんな縮れた糸、ないっつーの!!!!!

梅干 「ですから糸は外に見えず、内側で縫われてるんです!!!!」

医者 「でも糸なんかないわよ。」

梅干 「ですからこの腫れてる部分、よく触ってください。
糸が入ってるのわかるでしょ。」


医者 「・・・・・・・・・・。」


この医者の沈黙。 
決して自分の間違えを認めたくないゆえの沈黙とミタ。




とにかく混乱したまま医院を後にし、家で一人悶々と考えてみたのだが


「美容手術 = 有料」 

とは限らないのではないか?
国民保険か任意保険のどちらかが効くかもしれない。


美容手術って言うけど普通の糸で縫って抜糸していたら
こんなことにならなかったわけだ。

私のせいじゃないのに、なぜ私が苦しまなくてはならない???


納得いかん!!!!


ということで、保険が効くのであればGPをもう一度尋ね
腹を切っても構わない、とにかく以前より痛みが増している。←大げさに言うのがミソ

それで整形外科に回してもらって
しようじゃないの! 美容手術ってやつを!!!!



・・・ということでこのシリーズ、まだまだ続く。


梅干




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ムムム~

難しいことになってきてますねー
今日本ではセカンド・・・なんだっけ? 言葉がわかんない(笑)
担当医師以外の診断を受けれる制度が推進されてますよ
今回の先生はちょっと難あり?
他の先生の診断をぜひ受けてくださいね

パンタさんへ

本当にそうなんですよ。でもですね、他の医者に診てもらうのに
今回の医者に紹介状を書いて貰わなくてはいけないのです。
(優良のにいくのなら別ですが)
なのであと数週間たったら、もう一度同医者のところに行って
大げさに痛みを訴え、専門医に診てもらおうと思います。
あーめんどくさ・・・・。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。