FC2カウンター ロンドンの梅干 私も知らなかった事実

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-10

私も知らなかった事実

帰国した際、伯母から現金書留が届いた。

開けてみるとそこには祝い袋が入っている。

はい! そうです!
 


『結婚祝い』なる目録が! 

それを母に責めると

「だって事実上結婚してるんだからいいじゃない。」

と言って親戚に私が結婚したと報告した事実を認めた。

開き直ったのかどうなのか知らないが、これを口切に
出てくる出てくる。彼女のご意見が。

母「大体ね。アナタはやたらと籍を入れる入れないに
こだわってるけど、事実上結婚してるのと同じでしょ。」

梅「結婚している人たちと同じ生活をしているのは
認めます。でも籍を入れてないということは結婚を
していないわけでしょ。だから貴女は親戚に誤報したのよ。
どうしてそういうことするの?」

母「だから、アナタの言い分がおかしいのよ。
『私たち、籍にはこだわらないの』って言って
おきながら籍入れてないから結婚したとは言えない
って言ってるアナタが変なのよ!」

梅「私はのこだわりは別として親戚は皆『結婚=入籍』
って思うでしょ。そこが誤報だって言うの!」

母「入籍してるかどうかなんて、いちいち人に言う
必要ないでしょ!結婚してるのは事実なんだから」

もう話しにならない。

私が思うに、母は度々親戚から私の事を尋ねられると
回答に困っていたのだろう。

娘には婚約者がいるが結婚は未定。
というか籍を一生入れないかもしれない。

あの世代(60~85歳)の人達には理解しがたいだろう。

「家は一緒に買ったけど籍は入れない」
というのは理屈として通らないのかもしれない。

だから母はわかり易く(?)なるよう要所を訳した。



「同棲している → 結婚した」

「籍は入れない → 式はなし」


とにかく私は必死で母の勝手な誤報を抗議し
母は母で私の「こだわり」のポイントずれに
ついて責め立てた。

と、リビングで喧々囂々と論争が繰り広げられる中
兄が手を挙げて一言。

「アンタ(梅干)の方がおかしいよ。
オレも母の言い分に一票。」


・・・・。


この一言で論争は終わり、私は伯母にお礼の電話を
入れたのでした。

どちらの言い分が正しいか、ということは別に
「私のこだわり」が汚さた夜だった。


~~~~続き~~~~

その後夜も遅かったので伯母にお礼の電話を入れる。
すると伯母は

「姉さん(母)がアナタ(梅干)が結婚したって
言うじゃない。」


「それを兄さんに話したら、兄さんは既に知ってて
去年結婚祝いを渡したって言うし。」(新居祝い)


「それで式は挙げないっていうから、お祝いを
渡す機会が無いでしょ。それなら早く送ったほうが
いいと思って郵送したの。それで結婚生活はどう?」

と「結婚」の連呼・・・。

姉妹で嫌がらせ!?

いやいや、伯母さん。
お祝い本当にありがとうございました。




梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

うなづいてしまった・・・

お邪魔するのはご無沙汰になってしまいました。
梅干さんも無事に帰省なされたようで、なにより♪です。

今回彼のところへ訪問し、あちらの家族にあったことにたいして、私の親戚&家族は「結婚」と結び付けてます。
一緒に住むから結婚?になるのかな。彼は特別結婚という言葉は口にしませんけど・・・。
私も梅干さんみたいなスタイルに賛成なのです・・・。

rixさんへ

カキコありがとうございます。
rixさんも結婚という形にこだわってはいないんですね。
同意見に元気付けられました。ありがとうございます。
私は永遠に彼氏・彼女でいることにろまんちっくなものを感じるので、いまのままでいたいのです。
籍を入れない(かも)という話をした時、親は何も言わなかったので理解してくれた、と思っていたら…。
してやられた!という感じですわ。
母方の親戚にはお披露目をしたのですが、父方がまだなので、その時父が何といって彼を紹介するかが関心高まるところです。

歴史は繰り返す

梅干さんとまったく同じステータスでパートナーと暮らしている私は、数年前母により親戚+ご近所に「結婚した」ことにされてしまい、「結婚祝い」をあちこちから受け取る羽目になった。突っ返すわけにも行かず非常に困った。このせいで逆に親戚づきあいがしにくくなった。
その数年後「出産した」ことにされてしまいそうだったのであわてて産んだ。

梅干さん 明けましておめでとう。
元気にロンドンへ戻ったそうで何よりです。
またねー。

上新粉さんへ

マジで笑えない…。というか数年前、上新粉さんの状況を母に話したんです。それで母は「この手があったか!」と思ったのかもしれませんね。
なので出産ネタは伝えないでおこっと!!!
本当なにされるかわかったものじゃありません。
「三つ子産んだのよ」なんていわれたときにゃどうすりゃいいんですか!?

お坊ちゃまは水疱瘡なんだよね。
良くなった? 

結婚なんてしちゃダメだよ!!

味噌さんへ

説得力ありすぎ! やっぱりしないほうがいいよね。
ありがと。

結婚ていいもんだよ!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。