FC2カウンター ロンドンの梅干 ナスとの出会い ~その2~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-28

ナスとの出会い ~その2~



ナスとの初デート。

会った場所は会社すぐ角のパブ。

色気もなにもあったもんじゃない。


仕事が終わり、現金を下ろしに銀行ATMに行った後
パブに向かうと大渋滞。


ATMもパブもそれぞれ会社から徒歩5分の距離。

なのに車に乗っていたばかりに初デートにして遅刻。

店に入ってすぐにパイント(560mlサイズのビール)を買い
ナスを探し始めると、いたいた。
相変わらずの美しいお顔でギネスのパイントをすすっている。


梅干 「遅れてごめんね。目の前の道、大渋滞だったから。」

ナス 「いいよ。気にしないで。」



このときナスは3つのことにギョッとしたらしい。

1.既にパイント片手で登場
(英国で友達・恋人関係なく飲みもは男性が買うことになっている)

2.持っていたビールがESBというオヤジ・ビール。それもパイント。

3.飲むために現金を下ろしてきた → そんなに飲むんか!?!


用事はなかったが、話しが合わない場合を考え次の用事が押しているので
1時間少々しかいられないと伝える。


ナス 「なら別の日にしておけばよかったね。」


さわやかに言う彼。


梅干(勘違いすんなって。オメーがつまんなかった場合の逃げ道なんだよ。)

と思っていた可愛くない女。

乾杯をし、お互いのプチ自己紹介を始める。

ナスは地元出身の23歳。
北インド・パンジャブ州出身のご両親と兄弟2人と
実家に住んでいるという。

梅干 「パンジャビ(パンジャブ人)なんだ。
パキスタン系かと思ったよ。顔がそうだよね。」

ナス 「え? わかる? インド人とパキスタン人からも
よく間違えられるんだよ。」


言ってみればパンジャブはパキスタン独立の時に国境が
引かれた州。

パキスタン人というより北インド系の顔、というわけだ。
(パキスタンにも色々種族はあるだろうし)

私としてはそこで

ナス 「君は日本でも東北顔だよね~。」

梅干 「え!?!?! なんでわかるの? 日本に行ったことあるの?」

ナス 「冗談だよ。 君の真似しただけ。」


くらいのギャグをとばして欲しかったところだが
そこは23歳になったばかりの自宅生。

そんなことはやってくれるわけもなかった。
(っていうかナスのキャラ外)


それから1時間近く、ホリデーの話や会社の話など
当たり障りのない話題をしてたらタイムアップ。


そこでサヨナラをしてお互いパブを後にした。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


実はその当時、別の人達からもお誘いを受けていた私。

1人は家のお隣さん。
年齢35歳前後のIT。金融街で働いている彼と時々立ち話をする
くらいだったがある日、ドアのポストに


「今度良かったら飲みに行きませんか?」

とのメモ書きが入っていた。

好みでもないし、隣近所と付き合うことになって別れた後も
顔合わせるのはゴメンだと思い、こちらはやんわりとお断りをした。


もう一人は友達の知り合い。
その人はここまで人種が複雑な人はいないんじゃないか
というほど色々な人種が混ざった人だった。

どう複雑化というと・・・・・・・

中国人の曾祖父がアフリカのモザンビークに移民し
アフリカ人の曾祖母と結婚。

その間に生まれた祖母はインドからの移民である祖父と結婚。

その間に生まれた父はポルトガル人の母と結婚し彼が誕生。

要するに白人のハーフであり、インドのクオーターであり
中国とアフリカの血がそれぞれ16分の一ずつ流れているわけだ。

どんな顔だったか気になる?
どんなだったかというと

一見、日に焼けた白人。

でも黒人の血が入っているようにも見えるし
インドのクオーターといわれれば納得もいくし
そういえば頬骨の高いところが東洋人っぽくも
感じられた。

そういう顔。
(ぜんぜん説明になってない)


ともかくこの人から一目ぼれされ
一緒にご飯食べたり飲みに行ってたりはしていたが
これといったひらめきがないまま、なんとな~く
月日が流れていた。


そんな中で受けたナスからの誘いだったので
かなり力を抜いていたことは否めない。


そんなこんなしているうちに夏は終わりに近づき
8月最後の週末に行われる『ノッティングヒルカーニバル』
から帰ってきた日のこと。

これで夏も終わりか、と感慨に耽り(?)テレビをつけたその瞬間!

ぼわんっ!という音を立ててテレビの電気がショート。
それから全く画面が映らなくなってしまった。


1人暮らしでテレビ無し。
しばらく読書をしたり、入浴をして過ごすが夏の夜は長く
暇に耐えられなくなった私はある人にテキストを送った。


『Hello it's me 梅干. Hope you had a good bank holiday weekend.』
(はろー。梅干です。この連休、楽しく過ごせた?)


すると恐ろしい速さで返事が!

『Hello. My weekend was busy with visitors from Canada.
How was yours?』
(はろー。カナダからの客が来てて週末は忙しかったよ。
君は?)

そう。相手はナス。←バカでもわかるって
何回かやりとりをするうちに

ナス 『明日、暇なら遊ぼうよ。』

梅干 『連休明けだから仕事で忙しいかも。一度出社しないと状況が
わからないから明日はやめとかない?』←やんわりお断り


が、それを最後にナスから返事がなく翌日となってしまったのであった。


~続く~

梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

先が気になる!
素な梅干しさんに好感度アップ。

erinaさんへ

いつも素なんですが、今まで印象悪かったとか?!v-12

梅干さんの気取らないところが好印象だったんですが、初デートでも気取らない梅干さんに更に好感度アップ。

erinaさんへ

初デートで「こいつ、気取らないな」と思われた
せいで次のデートで私の方がギョッとしました。
それはまた後ほど書きます。
インドで出会いはないですか?自由恋愛が
盛んになっているといっても大都会の話で
やはり殆どの人が見合いなんでしょうか。
ナスの従兄弟の殆どが見合い結婚なんですが
彼ら曰く「自由恋愛」っていうんですよ。
で、話を聞いてみたら
「結婚する歳になったのでインドに嫁選びに行った。
色々な女性を紹介されたけど、自分で嫁を選んだから
見合い結婚じゃない。」んだそうです。
ちなみに一番最近結婚した従兄弟は嫁探しにインドに
渡ったものの、どの嫁にするかなかなか決められないまま4週間経過。
あと一週間で帰国!早く決めなきゃって言うんで候補3人の
名前を紙に書いて袋に入れ、取り出した紙に書かれたのが
今の奥さんの名前だったそうです。それも、袋から紙を
選んだのは従兄弟の母親・・・・・・。 
従兄弟が幸せなのかどうかは誰も知らないところです。

北は都会かもしれないですけど、私のいるところはまだまだ都会じゃないと思います。
私はダンスをやってる真面目で若い子に囲まれてるので、あんまり出会いはないですよ。
働いてたらあるかもしれないんだけど。
その従兄弟はそれなりに幸せなんじゃないかなー。
結婚式会場を予約した後に、花婿チェンジとか言う話もありましたよ。向かいの家なんだけど。

erinaさんへ

花婿チェンジ?!?! 大胆すぎる!花嫁じゃないところがミソですね。
そうだ、腰痛どうなりましたか?レントゲンで問題はないと
言われても心配ですよね。まずは体を休めてくださいね。
お大事に・・・。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。