FC2カウンター ロンドンの梅干 ナスとの出会い ~その1~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-28

ナスとの出会い ~その1~

erinaさんのご要望にお答えして、これより


『ナスとの出会い』


を綴ります。


知ってる人。 飛ばして!
ナスと私はそもそも同じ会社で勤めていた。

2001年の2月にナスが入社するとインド人の若い女の子から

「すごくカッコいいのが入社した!」

と聞かされていた。

が、ナスの部は私の勤める本社から歩いて数分の別のビルにあるため
何か用事がない限り行き来がない。

なんかカッコいいヤツがいる、という情報だけ頭の隅に置きながら
ある日、机で仕事をしていると


お!!!! 格好いいやつ、いるじゃん! 目の前に!!!


同じ課の、私が座る隅っこから一番遠い逆側隅っこのデスクで
電話回線をいじっている長身インド青年。


それがナスだった。
(当時は電話回線担当)


遠目で見てもなかなかのルックス。


さっそく情報元であるインドギャルに


梅干 「ねぇカッコいいって言ってたの、あの人?」


すると

「 Yes!!!! Yes!!!! That's him!!!!
Oh my god he's so fit!」


とコーフン気味。


当時既に英国・インド村で1年半勤めていた私の目に
彼が「パキスタン顔」であることは一目瞭然。


梅干 「あ~あ、きっとパキスタンで既に嫁が決まってるのに
嫁が英国に来るまで滅茶苦茶遊ぶタイプだな。」


と思っていた。
(パキスタン系の方、すみません。)



それが2001年の3~4月くらいだっただろうか。


それから数ヵ月後、席替えがありナスがPCと電話回線を
配置しに私の座る日本人デスクにやって来た。


そのとき、ナスは私の同僚A(日本人男性)に色々質問をしていた。


同僚Aが私の机や電話の説明もしたので私はナスと
会話することなく作業終了。


意気投合した同僚Aとナスは一服しに外に出て行き
しばらく経って同僚Aが戻ってくると


同僚A 「ナスが梅干のこと気に入ってたよ。
今度飲みに行こうだって。」



?????????は???????????


気に入ったって、くちもきいてないんですけど?!?!


いや、気に入っていただけるのは嬉しいんですけど
伝言式にお誘いってどうよ?????????


それに対して返事をする必要はないと思い、そのまま
放置すること数日。


同僚A 「ナスが梅干から返事が来ないって言ってたけど
返事した?」


・・・・・・あれって返事がいるんだったの?


若いのは見てわかるけど、そのわけのわからない誘い方に


「バカか?」


と無視し続けたのだった。


そのとき2001年の6月。



ナスはまだ22歳。私は(もう)28歳だった。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


しばらく経つと、仲良くしている同僚B(日本人女性)が


同僚B 「ナスって知ってる?」


と聞いてくる。


梅干 「知ってるよ。なんで?」


同僚B 「最近、彼と仕事でやり取りがあって、ついでに世間話したら
梅干のこと聞かれたんだよ。うちら友達だよって言ったらナスが
梅干とのみに行きたいって言ってたよ。」



・・・・・またしても 伝言・・・・・・・・。


伝言お誘いがもう一、二回あってからだろうか。


イラついた私は同僚Bに


梅干 「誘うなら直接誘えばいいのに廻りくどいんだよ。
うざったい。」


すると

同僚B 「あれ、知らないの? 英国って『紹介』文化の国だから
二人の間に知り合いがいるなら、それを通してお近づきになるんだよ。」


おぉっ!!!!!! そうだったのか!!!!!


インド顔(正確には南インド)とパキスタン顔(正確には北インド)の
顔の違いはわかるくせに、英国における男女交際文化を白かなかったとは!


私、 まだまだ 青いじゃん! (えへ)




~*~*~*~*~  ここで余談  ~*~*~*~*~

(物語その1)

飛行機が墜落して男2人と女1人が無人島に流れ着いた。
1年後、3人がどうなったかというと・・・・・


3人とも他人のままだった。


なぜなら
3人は英国人で『紹介』されるのを待っていたから。



(物語その2)

飛行機が墜落して男2人と女1人が無人島に流れ着いた。
1年後、3人がどうなったかというと・・・・・


男1人は女の夫となり、もう1人は愛人となった。


なぜなら
3人はフランス人だったから。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


私からの返事を今か今かと待つナス。
ところが寝ても醒めても返事がない。 ←脚色気味

そこで同僚Bに相談すると


同僚B 「直接誘ってみなよ。どうもほかの人を通して
誘われるのがいやみたい。」



するとナスから即メールが来た。


ナス 「僕は○○部にいるナスです。
今度飲みに行きませんか?」


覚えていないがこんな文だったと記憶している。

きっとパキスタンに嫁候補がいるんだろうが、まぁ
飲みくらいはいいだろう


梅干 「いいよ。いつどこにしようか。」

多少、ドキドキしたけれど色気のないメールだったと記憶している。


そして数日後、会社から歩いて数分のパブで待ち合わせたのだった。

そのときナス、誕生日を向かえ23歳。
なんだかんだやってるうちに一つ大人になっていたのだった。


~続く~


梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おおお~~~~っ!!

出会い編だ!!
梅干さんの文章は読みやすくて楽しいから
続きが気になって仕方ない(≧∀≦)
いや~、ナスくん可愛いね~ww

しーちゃんへ

出あい編って言っても所詮同じ会社にいた者同士ですから
ドラマチックな出会いではありませんよ。
続きを楽しみにしてくれる人がいるのは本当に励みになります。
このネタ、ライブ中継で聞かされた人が多いので・・・・・・。

リクエストが通った!
こんな出会いがいいな~。
読んでてウキウキする。

erinaさんへ

お粗末な話なんですよ。
せめてギャグ風に仕立てないとドラマも
なにもあったもんじゃないので。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。