FC2カウンター ロンドンの梅干 自宅療養 五日目

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-20

自宅療養 五日目



4日目である昨日、味噌さんが地元まで来てくれてお昼ご飯とお茶をした。


その間、まる3時間。


ずーっと座りっぱなしだったにもかかわらず、家に帰ったら
疲れがどっと出た。


顕著な体力の低下を認めざるを得ない・・・。


喋り倒したといわれたらそれまでですが。




下腹部の腫れはまだ引かない。


相変わらず妊娠5ヶ月状態。


なんか特典はないのかなと思ったが

レストランでご飯の量を増やしてもらえるわけでもなく

カフェでおまけのチョコレートをつけてもらえるわけでもなかった。


が、カフェを出て道を渡ろうとしたら



結構なスピードで走っている車が目の前で止まった!!!!



これぞ妊婦特典!!!!




・・・と思いきや、それはzebra crossing(歩行者優先歩道)だった・・・。



止まらないと車側が交通違反だもんね・・・・。そりゃ止まるわ。



そして自宅療養 5日目の今日。



GP(ホームドクター)に病欠の証明をもらいに行ってきた。


2時間待たされた上、ようやく会えたイタリア人の担当の女医。


歳は40後半、胸の開いたトップにbling(ジャラジャラアクセサリー)が
よく似合う、メガネ美人。


170cm近く、ちょっときつめの顔だが、そのアクセントとなかなかの
ファッションセンスがアンバランスを生み出し、彼女独特の愛嬌を作り上げている。


在英丸7年で3人目の担当医でこの先生程、一生懸命診てくれる人はいなかった。


彼女が触診をして、その場ですぐに専門医を紹介してくれたお陰ですぐ処置してもらえた。



まずはお礼を言うと


女医 「アラン・ファーシング(執刀医)はなかなかの名医だったでしょ。」


梅干 「えぇ、感じもいい方だし。で、彼がジル・ダンドー
(BBC人気キャスター99年に銃殺される)の婚約者だったって知ってました?」


すっかりゴシップモードの私。


女医 「知ってるわよ。私たち長い知り合いなの。」


梅干 「本当にかわいそうですよね。でもきっと今は別の素敵な
女性を見つけたんでしょうね。」




女医 「ええ。」



そうか。 既に過去から立ち直ってるのか・・・・。



もう7年前のことだもんね。



格好よくて、名医だから相手候補には困らないだろうし。



・・・・・・・・。



もの悲しいのはなぜ?!?!


一度、剃られたアソコをみられた相手に情が移るのは当たり前?



だって腹の中まで見せた仲。



まさか他の女性のおなかも見てないでしょうねっ?!?!


キーーーーーーー!!!!!



というのは冗談で以前、雑誌の特集でこんなのがあったのを思い出した。


『彼氏・旦那が ○○○ だったら・・・・・』



○○○には職業が当てはまる。



パートナーの男性がその職業に就いてることにより彼女・妻との関係に影響がないか?というインタビュー。



まず一番手はポルノ男優。

彼氏 「仕事では一日に何回もできるけど、彼女とは一日に一回だけ。(だけ?)
仕事の相手と彼女は別であって、それは彼女もわかってくれてる。」


彼女 「私の3P願望や他と寝たいという願望も理解してくれる素敵な彼。(?!)
時々、『今頃彼は仕事で他の女と・・・』と思うこともあるけど
それは仕事であって、相手の女性に感情を抱いてないからいいの。」


・・・・・お互い趣味が同じってことで気が合うのね。



次、フィットネスインストラクター。


夫 「均整の取れた体系を保つことは僕にとって哲学。
たるんだ体は怠け者のしるし。当然、妻にはサイズ12以上にはなってほしくない。
そうなったら別れることを考えると思う。」



妻 「私もそもそもスポーツ好き。常にサイズ10(日本11号)だったけれど
出産をしてかなり太ってしまった。でも彼からのプレッシャーもあって
今は12号に。
あとちょっとで元のサイズだけどあと一押しほしいときに彼が居てくれて心強い。」



こちらも価値観が同じってことで問題はないらしいが・・・・
サイズ12って日本で言うと13号。
ちなみに英国女性の平均サイズ14。日本の15号ってデパート最上階の
クイーンサイズコーナーしかないよね?


哲学な割りにハードルが低いところがミソ?



そして次。 産婦人科医。


夫 「患者の患部を見るのは仕事であり、それに性的なものは感じない。
だから妻との性生活には全く影響しない。」


妻 「友達と情報交換で終わってしまう女性特有の体調の悩みも旦那に
相談できるし分娩も夫にしてもらえ最高。」


ということで、皆さん職業は関係なくパートナーとは幸せにやっているらしい。





でも・・・・・一番幸せそうなのは・・・・・産婦人科医夫人?



夫の収入も良いし、ヘンな病気も持ってこないだろうし、
下手に「痩せろ!」とか言われないし・・・・。




独身の産婦人科医! どこにいけば見つけられるの?



知ってる人、教えて!!!!




それかナスを今から産婦人科医にする?
梅干






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

昨晩、ホリデーから帰ってきました。
こんなことになっていてびっくり!なんでもないことを祈っていたが・・・まあでも不幸中の幸いで、筋腫取る程度でよかったね。(といっても、術後の生活ほんま大変そう。)しばらくは無理せんと。どうぞお大事に。。。

といっても、人と喋る機会が少ないからか、アホなことが頭ん中グルグルしてへん??(笑)ドシドシ書き綴ってー。大阪から帰ってきて、アホネタに飢えてるわたしやねん。

Jet Airさんへ

おかえり。日本はどうだった?
この季節の日本は美味しい物三昧だったでしょ?
お陰さまで術後の経過はよく、痛みは日に日に減ってるよ。
一応、30日まで休めるんだけど、水曜日に一度、出社するつもり。
確かに疲れやすいけど、普通に座って仕事する分には問題ないかなと。
あほネタは結構自分でつくって、ひそやかに楽しんでるんだけど
書くには至らないかな・・・・と。
色々考えてまとめてみるよ! これからも応援してねー。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。