FC2カウンター ロンドンの梅干 新しい家族 新しい生活

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-24

新しい家族 新しい生活



土曜の午後に私たちが訪れたのは


ロンドンはテムズ河向こう(南)にある


Battersea Dogs Home。
(犬猫保健所)



保健所と面談をして、当日に猫をもらってくることも可能だが

まだ『飼う』と決めたわけではないので

今回はどんな猫が居るのか見るだけの『見学』。

一人2ポンドの入場料を払って約20匹の猫を見てまわった。


一番若くて2-3歳。 歳なのは10歳以上。
どれも野良猫だったので正確な歳はわからないが
とにかくどの猫も大きい。


こちらの猫は日本のより大型。




片目がつぶれた猫。


じっと見られるのが嫌いな猫。


ほかの猫が嫌いな猫。


それぞれの特徴が書かれたプレートが各ケージに張られていた。


一緒に見に行ったナスは


「今日は見るだけだからね。」


といいながらも保健所を出るときには


「あのトラ猫可愛かったな。」


とすっかり飼う気になっていた。



実は今、ナスと改めてやり直そうかと思い始めている。


猫を飼うのは私個人の選択であるが

ただ寝る場所となりつつあるこの家を

    「家庭」


にしたい。


自分でも不思議だが、最近、そう思うようになった。


ナスにその気持ちを伝えた。



「心がそこにないから、冷たい場所になってるけど
この家を築き直したい。私はそう思ってる。」



するとナスは

「君からそういう言葉が出ると思わなかった。」


といいながら、今度は家のどこを直すか

どんな家具を買うか


そして猫を飼ったらどういう生活になるか


色々話し始めた。


表現は控えめなナスだから


きっとすごく嬉しいのだろう。


今回は猫は引き取らなかった。


でもきっと近いうちもう一回訪れて


猫を引き取る予定。


私とナスと猫で新しい家庭をスタートさせる。



・・・・と今はそのつもり。



もしそうするならば


けりをつけなくてはいけないことが一つ。






     サイ。







梅干













スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

お疲れ。

Whatever you decide is good to me. I will always support your decision. That's what is called Friendship!

今回の経験が無駄にならないように、パブとの関係を築いていけるといいね。がんばれー。

味噌さんへ

変わらぬサポートをありがとう。
この気持ちが持続するよう祈って!

そうなのか~。

いろいろ考えた末の結論なのね?
ちょっと不思議に思えたんだけど
どういった心境の変化だったのか
またゆっくり聞かせてね~^^
わが身の参考にしますw

自分の気持ちが晴れ晴れとなるDecisionを一瞬一瞬していくってのでええんちゃう?と思うよ。これがFinalになるかまた変わるかは、そんときの自分の気持ち次第やしね。あ、じゃあ、うち近所への引越しは無期延期?それについては残念やわ~。

しーちゃんへ
毎日、一秒一秒気持ちが揺らいで本当、疲れますわ。
でもですね、今回はちょっとちがうんです。やっぱりナスなのかな?
と思う出来事があり、その勘を頼ってもう少し頑張ってみようと思います。
どういう出来事かはちょっとお恥ずかしくてかけませんが・・・・
決してシモネタじゃありません!念のため!

Jet Airさんへ
まさに一瞬ごとに違うのよ。自分で自分を振り回してる感じ。
お宅への引越しはかなり後の話になりそう。
アタ○ヤ南東支店オープンにお手伝いできずすまぬ。

がんばれ-。



よっちゃんへ

あいよ~。

ちわー。ひさびさです。

梅干さんのブログ、下手なテレビドラマよりドラマチックで、ジェットコースターのように右へ行ったり左へ行ったり、急降下したと思えば、わくわく昇ったり、
まめに読んでても、ストーリーを消化してコメントする前に展開が180度変わってたり、と目を回しております。(コメントしなかった言い訳)

サイでもナスでも、どちらにしても、冷たくなった同僚には負けないでね。


どんな状況でも元気いっぱいなところが梅干さんらしい。

上新粉さんへ

ストーリーの展開はインドソープも顔負け。
というか筋書きなしでアドリブ。
人の気持(自分のね)って本当に不思議、というのが今回の感想です。
というかまた変わるかもしれないし、逆にナスがやり直したくない
というかもしれないし。
まだまだ二転三転しそうなので応援宜しく~。

冷たい同僚C、食いしん坊だからくさったドーナツとかキッチンに置いとけばヤツが食べるよ!と、かなり陰湿な私。

ねこちゃんが家にきたらぐっと変ると、二人の関係。家とか家具とかとは別にふたりの気持ちが同じところに注がれる事に前向きな一歩が見られる!

わたしも欲しいよー。相変わらず犬派なんで近所で仕事をみつけるとかしない限り無理なんだけど、いま実はそれも悪くないかと企んでます。

またね。

よっちゃんへ

Cだけどこっちが無視だよ。
犬は散歩が大変じゃない?
犬派の人には苦じゃないの?
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。