FC2カウンター ロンドンの梅干 知らなかった゛ある"一面~その2~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-14

知らなかった゛ある"一面~その2~

大したネタではないのだが付け足しとして第二弾。

先週の木曜日に部の飲み会があり、とある日本料理店へ。
そこでかなり過ごされた上司。

ちなみに『過ごす=酔っ払う』って日本語使いますか?
うちの両親がよく使うのこの『過ごす』。
二人は新潟出身だから方言を標準語アクセントで
話したりするので時々こんがらがる。
念のため確認願います。

ま、それはおいて置いて、料理屋でかなり出来上がった
上司が営業の英人Nをつれてもう一軒行くという。

そして料理屋を出るとき、上司が我々に向かって
こういったのだ。

「よかったら一緒に来なさい。今すぐとは言わないから。
ホラ、僕が消えた後したい話もあるでしょう。」

といつもの理解あるやさしい彼。

「で、来る前に必ずお店に電話して。
僕らがまだ店にいるか確認してから来ないと
自腹でのみ代払うことになるよ。じゃお先に~」

とこれまたいつもの調子。

残った我々が店を出たのは11時15分ごろ。
これからもう一軒まわったら完全にアウト。
タクシーじゃないと帰れなくなってしまう。

だから誰がなんと言うわけでもなく、自然と
駅に向かい皆帰途に着いたのでした。


が、翌日、もう一人の英人の営業Jが私に


「あのさ、昨日もしかして俺、行かなきゃ
いけなかったのかな?二次会?」

と聞いてくる。

なので

「あーー別にいいんじゃない。あの口調は
『よかったら来なさい』ってニュアンスだったよ」

しかし営業Jはそんな誘いも受けていないという。

・・・・はい、ここでわかったアナタ。お利口ですね。

上司は酔っ払って日本語で喋っていたので営業Jは
全くわかっていなかったのです!

それで上司は営業Nと二人っきりの2次会場で

「Jは営業なのに本当に付き合いが悪い。
今後のアイツが心配だ。今日だって散々誘ったのに。」

と言っていたそうな!!!!!!!!!!

だからJはNから聞いて初めて2次会に来るよう
誘われていたと知ったらしい。

ははははは…。


梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おひさしぶりです!

梅干さん!お久しぶりです。

日記一気に読ませていただきましたが、明日帰国ですよね??
日本の正月に癒されてください!

それにしても、梅干さんの日記めちゃくちゃおもしろい!上司の人は日本人なんですか?
確かに日本語と英語が混ざれば、中にはわからない人ってでてきますよね。
そういう点が、海外での仕事では大変なのかもなーっと思いました。

また来ますねー☆色付きの文字色付きの文字

KiraPさんへ

カキコありがとう~!おもしろいと言っていただけて嬉しいです。いやいや、上司から「捨てられる」発言された時はかなりショックだったんですけど普段凄くいい人なだけ、彼の豹変振りのほうが怖かったんです。上司は日本人。英人の同僚いわく、上司は酔っ払うと英人に日本語で話しかけるらしです。で、気分良く酔っ払ってる人の気分を害するのもなんだから、皆日本語分かった振りして頷き続けるらしいですよ。あと一日出社したら今年は仕事最後だー!怒りの竪琴に触れぬよう大人しく過ごしますワ。KiraPさん、去年はダーリンと一緒にクリスマスを過ごしたんですよね。でも今年は社会人一年生。離れ離れで寂しいでしょうけど、会社の中の新しい人間関係(忘年会)とボーナスを楽しんでください!飲みすぎ要注意!
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。