FC2カウンター ロンドンの梅干 急に思い出した過去 ~その5~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-25

急に思い出した過去 ~その5~





電話にて採用決定の知らせを受けた、その後。


My Beer持参で実家に帰宅。






食事中に採用が決まった事を伝えると



両親、ちょっと寂しそう・・・・・・。




末っ子で一人娘なのに兄弟一 controversal(お騒がせ)な私。




・・・・・すまんの~。



母 「寂しくなるわね・・・・・」


父 「・・・・・・・・。」



・・・・・もうしわけないの~。



母 「でもロンドンに旅行する、いいきっかけが出来たわ。」


父 「・・・・・・・・・。」



・・・・・本当に すまんの~~~~~~~。




ともかく家族の承諾(?!)もらったっ!!!!





翌日には辞表を提出し


その2日後には『天国に一番近い島』である
ニューカレドニアに出発。




この5泊6日のホリデー。


きっとこれが一生で一番満たされた休暇だったろう。



残業生活から抜け出せる開放感と



数ヵ月後に控えた外国での生活に膨らむ期待感。



目の前には青い海と空。



新鮮な魚介類とトロピカル・フルーツを毎日食べ



気の置けない友達とゆっくり過ごした。





でもショッキングな事件が一つ。




成田空港に向かう途中、京成上野駅近くで



New Kids on The Blockの

Tシャツ着た若者発見!!!!




時は既に1999年。

かなり保存状態のよいそのTシャツに
多少の感動を覚えつつも、直ちに幼馴染・ぱせりさんに
メールでお知らせしたのを私は一生忘れない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




そう。まだ続くんですよ。



休暇から戻るとパスポートの更新や、当時の上司に
推薦状を書いてもらったり渡航の準備をするのと同時に


当時一人暮らしをしていたワンルームを引き払い
実家に戻る準備などかなり忙しい日々を過ごしていた。


そんな夜、自宅の電話が鳴って出ると




例のアメリカにある
日系会社の社長!!!




F氏 「夜分恐れ入ります。以前、バージニアから連絡したFです。」





F氏 「実はですね、私、あれからグリーンカードを
手に入れてましてね。会社を辞めたんです。」


ぇぇぇぇぇえええええええぇぇぇぇ!!!!!




F氏 「それで今、ミシガン州で日本人対象に教育関係の
事業を興したんですが、是非きていただきたいと思って
連絡させていただきました。」



ぇぇぇぇええええええええええぇぇぇぇ!!!!!


F氏 「それで梅干さん。ミシガンに移る気はありませんか?」





梅干 「具体的にどこですか?」


コラコラコラコラ 転職先はもう決まってるだろ。

聞いてどうすんだ。



F氏 「デトロイトです。」




デ、デトロイトって・・・・・



白人ラッパー・エミネムの故郷の 8Mileのある
デトロイトですか・・・・・・・・????



あのすさまじく危険なデトロイトですか????




それなのに、アメリカに大きな魅力を感じる自分に驚く。



英国では私の労働許可書が申請されているというのに


かなり揺らいた。


それも行き先はデトロイトだというのに・・・・・。



・・・・天性の浮気性。




しかし次の瞬間、目が覚めた。



ロンドンについてまず一番にすること




   『幼馴染モモに会う』



デトロイトについてまず一番にすること




   『拳銃購入のための登録』?!


      


心は決まった。



梅干 「申し訳ございませんが、デトロイトのお話は
遠慮させていただきます。」



F氏 「理由を聞いてもよろしいですか? 」


梅干 「実は転職先が既に決まっておりまして
・・・・英国に。」



コラコラコラコラ 

場所まで聞いておきながらそれは無いだろ!

気を利かせて嘘でもつけよ!!!!




梅干 「実は結婚がきまってぇ。」

でもいいから!


浮気性のくせに機転が利かない馬鹿な奴にも
現地での活躍を祈ってくれたF氏と数分、世間話をした後
電話を切った。



あれから約7年の歳月が過ぎた今でも時々思うのです。



あの時、英国行きを蹴ってデトロイトに行ってたら・・・・。




きっと死んでたかもっ!




・・・と選択が正しかったと信じるよう努めるのでした。




++++++++お・し・ま・い++++++++++



梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

そうだよ、ナス君にも会わなかったかもしれないし。
F氏の名前でネットサーチしてみれば?出てこなかったら選択は正しかった。ミリオネラーってでてきたら、、、、ちょっとやだね。



きゃぁ~~NKOTB!!!どこまでヒットするのでしょー私たち。
ま、同じ年なら仕方ないっすかねー。(うちにもありますっ新品同様Tシャツ・・・汗)
それにしても、読んでるだけだと、ものすごいラッキー!!
もちろんっ並々ならぬ努力の結果得たものだと思いますけど、ほんと、デトロイト行ってたらどうなってたでしょーねー。
私だとしたら、ホイホイと、デトロイトいってたかもぉ~~~爆

rixさんへ
NKOTB......。クリスマスに発売されたアルバムを友達が擦り切れるほど聞いてました。たしかそのうちの一人が松田聖子とデュエットしてましたよね!!!Milli Vanilliっていうクチパクがばれて音楽界から追放された2人組覚えてます?NKOTBよりそっちの方が好きだった私の方がよっぽど笑われますよ・・・Tシャツきてた人より。
で、rixさんはそのTシャツどうするんですか? オークションで結構な値で売れるかも!?! www.ebay.co.ukでお試しを!

モモさんへ
F氏の名前は忘れた。っていうか彼氏と別れた時に金輪際連絡を取らないように電話番号すてたりするじゃん。
それと同じで募集の記事や連絡先を一切合財捨てたの…
浮気性だから、いつ気が変わって電話しちゃうかわからないから。
F氏、元気に生きてるといいんだけど・・・・デトロイトで。

デトロイトでよかったね。やっぱり梅干さんはこの地に縁があったんだよ、しいていえばナスさんとの出会いもね。

たこやきさんへ
でもデトロイトの話がロンドンより先に来ていたら、行ってたと思う。
first come first served式の転職活動だったから。(どーしょもねーな)
あとで番外編を書くので読んで下さい。

あーおもろかった!特にNKOTB Tシャツの青年が。ってそれは本題ちゃうね。それって写真入りなん?それともロゴだけ?日本語で言うと、「シブガキ隊」って書いたTシャツ着てるようなもんやね。しかも女子ならともかく青年って。。。多分意味知らずにクール!って思って着てたんじゃ?英字新聞のプリントのズボンが、当時相当クールやった時代やし。(大阪だけか?)

さて、本題。そーなんや!デトロイト!!これは全く知らなかった話だ。
でもロンドンにいくね~ん、って言っても実はペッカムやったってのもありそうやし(どこかの日系企業がペッカムにオフィスがあったよ。どこやったっけ~~)デトロイト内にも少しポッシュな地域もあるかも?・・・ないか?確かにそっち先だったら行ってるやろね。こうやって人生にはいろいろな転機があって、それによって先が全く異なってくるのでおもしろいものだ。
プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。