FC2カウンター ロンドンの梅干 イースターの最後の日 ~その1~

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-17

イースターの最後の日 ~その1~




ほーんとに何もしなかったイースターの4連休。


最後の日だしナス実家に顔でも出すか、


なんて軽々しく考えてしまったのが事の始まり。



インドから帰ってきたナス父はあいかわらず元気。


無職のナス弟は一人で機嫌悪い。

どうやら家族みんなから


「早く仕事見つけろ!」

と言われてるせいらしいが


ホ~ント 

不機嫌になる前に早く仕事見つけろ!



で、不機嫌な弟を除いた皆でお茶をしていると
話題は当然、インドで挙式をしたばかりの従兄弟Dに
なった。


Dの結婚式に参加するためインドに行っていたナス父に
ポポの奴隷 Dの新妻について尋ねると



ナス父 「ポポの若い頃によく似ててねー。
まるで姉妹のようだ。」




・・・・まさか自分に似た彼女を見て




「あら!!!! 感じのいい美人じゃないの!」




なんて思ってないだろうな・・・ポポ。



ちなみに、このポポ。

若い時は凄くきれいだった。


普通インド人の美人というのは目が大きくて
顔も体も細い、Miss Universe系美人が多いけれど


ポポにいたっては丸顔でちょっとぽっちゃり目
でもチャーミングで笑顔が似合う、美女。



今は疲れ果てちゃってるけどね・・・・。




で、ナス父


「来週にはDの結婚式のDVDが手に入るから
梅干も観に来なさい。」



面白そう!


ということで即座に返事をした。




それから約一時間後。


私とナスだけダイニングのテーブルで食事を
しているとナス母が寄って来てナスに何やら言っている。
(パンジャビ語)


「なんちゃらかんちゃらー。
ウェディングレセプション なんちゃらかんちゃらー。」




・・・・・やば・・・・・・




でたよ、ナス母。



絶対、ポポに感化されて



「うちの長男も早く結婚させなきゃ!!!」


と思ったに違いない。



嫁の親が一切を払うという名古屋のようなインドの
習慣に対し


「日本の結納制度」


を常に訴えてきたけど。


幸いに、ナス親は私の両親に結婚費用を払わせようとは
思っていない。

が、彼らも払う気が全くないのを十分に知っている。


だから逆に


「私達、お金ないんで式できませーん。」


っていうのが通用していた。



ともかく、ここはヘタに口出しするより
ナスに対応させようと大人しくすることに。




ナス 「なんちゃらかんちゃらー。ワン ハンドレッド ピープル
なんちゃら かんちゃらー。」
(東北訛りで想像してください)


ナス母 「ワークコリーグ なんちゃらかんちゃらー!!!!」


ナス 「ラディソンエドワーディアン なんちゃら
かんちゃらー 5グランド なんちゃらかんちゃらー。」



ナス母 「スリーハンドレッド ピープル
なんちゃらかんちゃらーーーーー!!! 」





・・・・な、ナス。


お母さんを黙らせるどころが・・・・・・



!?!?!?!招待客人数と費用の話してないか!?!?!?!?!


!!!!!!それもナス母の同僚込みの300人で!!!!!



計画を阻止するために即座、会話に参加。



梅干 「なんだか、この近辺で式をする事になって
ますけど私の両親はどうすればいいんでしょうか?」


ナス母 「英国にきてもらいましょう。
お母さんは何回かロンドンに来てるでしょ。」



梅干 「でも私は日本で式をやりたいので(ウソ)
英国の皆さんに日本に来てもらうことも出来ますよね。」 

(ニコッ!)



ナス母 「・・・・・・・・・。」



梅干 「とにかくどちらの国でやってもお金がかかるから
ナス、私それぞれ10人まで招待して合計22名っていうのは
どうですか。小さいだけ質の高い食事が出来ますよ。」


・・・ちなみに私にとっての式のメリットとは
美味いもを食う以外、何も考えられない。



ナス 「・・・・・10人ずつって・・・・・なんで
またそんな少数なんだよ。」



梅干 「君の家族だけで5人でしょ、さらに友達か
親戚を5人呼べるからいいじゃない。
なんなら私の10人の割り当てを売ってあげようか?
一人当たり200ポンドでどう?」



ナス母 「・・・・・・・・・・・。」




ナス 「母親が困っちゃってるから、その話は
また後で・・・・。」



困ったって言われても


話し始めたのはお母さんだろ!


更に言わせてもらえば・・・・・


そんなこと親子で話題にされて



私の方が困ったんだよ!!!



っつたく!



梅干
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

梅干さん、強いよ。
本当にみごとだよ。

上新粉さんへ
まだ ~その1~ ですから。 まだまだあるんだな。続きが。
ところで長らくお借りしてる地球の歩き方。
らやっと来月行くことになったのでそれまで借りてていいですか?
あとまたしきーにゃさんも含めご飯食べに行きましょう。
私はいつでもOKです。

2000ポンドもらってナス君の親戚家族20人だけにお祝いされる!?梅干家より出席者なし???2000ポンドで家族や友達を売った嫁として恐れられるかも。

モモさんへ
それまさにインド的考え。
金について言うと「心配するな。3分の2は返ってくる」とか言ってるし。
ナスに2000ポンドもらってナス親戚のみでも全然構わないよ。
そのほうがかえってビジネスライクでいいわ。
そしたら場所も食べ物も何も文句言わない!
そのかわり2000ポンドくれ!!
(絶対ディスカウントを求められること間違いなし)
I know them too much.....

プロフィール

梅干

Author:梅干
☆1999年4月☆ 
東京でOL。
何気なく手にした海外就職情報誌で英国のポジションに関心を寄せる

☆1999年6月☆
英国での仕事が決まる

☆1999年9月☆
労働許可書(work permit)がおり、英国に移り渡る

☆2001年9月☆
同じ会社に務めるインド系英国人・ナスと交際開始

☆2003年8月☆ 
晴れて英国定住ビザが下りる

☆2004年6月☆
転職

☆2004年7月☆
ナスと西ロンドンに住居を購入。

☆2007年4月☆ 
三毛猫のミケさんが家族として加わる

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。